コミュニケーション

『コミュニケーション』の関連文章

コミュニケーションの能力テストに無料でチャレンジコミュニケーションの資格認定に無料で挑戦しよう!社会で求められているコミュニケーション能力向上を目的とした講座・セミナー・研修開催とスキルアップ・学び方・実践法の情報提供をしています。

『コミュニケーション』のブログ

ポテそば・アクティブラーニング・セレンディピティ
おもに教員や教科書会社に向けた研修会でした。
国立教育政策研究所の方のお話や,
小学校の先生の実践事例などのお話をお聞きしました。

昇天(2009年5月24日。復活節第7主日・昇天後主日)
 こういう歴史観・時間観にとって、イエス・キリストの昇天は文字通りにエポックメーキングな(画期的、時代を画する)出来事である。
イエス・キリストは、地上のご生涯では奇跡や説教によって、神の国のこと、また歴史・時間はそこに向けて直線的に進むことを明らかにされ、復活のお姿で弟子たちに顕現してからは<人間の地上の朽ちる体は、この私のようになるのだぞ、そこに向かって進んでいくのだぞ>(1ヨハネ3:2)と40日にわたって、いわば視聴覚教育をされた。
こういう形で必要にして十分なことがなされて(啓示が完成・終了して)から、主は父なる神の御許に戻られ、人間の歴史に浮き沈みとか有為転変があろうとも決して揺らぐことがない目的となられた。

『コミュニケーション』の質問サイト

長文です。高校二年女子です。 私は大学に行きたいとは言っているものの、なんの学部に興味がある、だとか、なにになりたい、だとか、具体的なものがありません。 しかし、数ヶ月前から法務教官に興味を持ちました。 法務教官になるには試験が必要とのことです。 その試験での内容として、心理学、教育学、社会学のなかで、最も興味のある学部は心理学です。 そこで、知名度の高い大学で、それら3つがある大学を調べると龍谷と立教くらいでした。 質問は、他(龍谷、立教)に知名度の高い、そこそこの学歴で、心理学、教育学、社会学のどれかが学べる大学はありますか? 回答よろしくお願いします。
関西大学、近畿大学にも社会学部がありますよ。 質問とは少し外れますが、 龍谷大学には「矯正・保護課程」というものがあり、 元法務教官の講師がいたり、試験対策等も行っています。 法務教官を目指すというならば参考にしてみてください。
子供の留守番について質問です。 現在4歳と6歳の子供がいます。私自身は自営業をしております。 仕事の都合でどうしても家を空けることがあり、保育園が休みの時は子供が家にいます。 (私が仕事、妻が銀行の入出金等で家を空ける必要があります。) ある日、保育園が休みで、どうしてもその日、妻に銀行に行ってもらう必要があったため、妻が子供二人を家に残して1時間ほど家を空けました。出るときには家にカギをかけ、誰が来ても絶対に玄関のドアを開けないようにと子供に念を押して家を出たそうです。ところが、妻が家に帰ると6歳の子がカギをあけて、勝手に家の外に出ていたそうです。(車の音が聞こえたので妻を迎えにいったようです。)この話を聞いて、私は妻にきちんと言いつけを守って家からでないように叱りなさいと言ったのですが、妻は「親の都合で家を空けているのだから、言いつけをまもらなかったからといって叱るのはおかしい。これがおかしくないというなら離婚も辞さない」と反論してきました。無論、妻の言い分もわかりますし、申し訳ない気持ちもあるのですが、ただカギを渡して留守番させているわけではなく、家から絶対に出るなと言いつけて1時間程度留守番させるには6歳という年齢は早すぎるのでしょうか?私自身はこのくらいの年齢のときは自分ひとりで留守番してましたし、一人で近所に遊びにいっていた記憶があります。時代も変わったし、自分の経験や感覚だけで判断するのもよくないとは思いますが、なんとなく腑に落ちません。仕事の都合のこともありますが、来年には小学生にあがる年齢の子が24時間365日親の監視や保護がなければならないというのも教育上大丈夫なのか?(自立心が芽生えるのか?)と悩んでしまいます。長文で申し訳ありませんが、皆様のご意見を伺いたく存じます。
車もあり、銀行の用事だけなら、お子さんを連れて行けば良かったのにと思います。 留守番の賛否については、子どもそれぞれの発達レベルがありますから、一様に出来るとも言えません。

関連語

  1. 不動産屋さんといえば>
  2. 掲載一覧1>
  3. コミュニケーション